《Q&A》

Q1 中学受験はされていますか?
A1 中学受験指導もしています。四谷大塚の予習シリーズを計画的にやった結果、見事、大阪星光学院に合格しました。

小5から入塾したA君は、非常に熱心な生徒で、自らが可能性を伸ばすために中学受験を選びました。
四谷大塚のみの教材で力をつけることができました。

3月の駸々堂模試の結果は大阪府下で28番に入ったのですが、その後、順位を落としていきました。
春、夏、冬の休みにはほとんど毎日登塾し、3時間の学習にも姿勢を崩すことなく一生懸命に勉強しました。

その結果が報われたのでしょう。

今後も大いに成長してくれることを期待しています。                          



Q2 だるま塾は補習塾ですか?
A2 当塾は補習塾ではありません。
中学受験では、大阪星光学院に合格しています。
高校入試では、清風南海、生野、天王寺、富田林、今宮、東住吉、府立高専等に合格しています。
大学入試では、奈良県立医大、京大、阪大、神戸大、大阪市立大、関学、関大、近大、電通大等に合格しています。

五ッ木模試でも何度も平野区でトップを取ったことがあります。
歴とした進学塾です。

中2のB君は、1学期の期末テストで学年1位でした。9月の実力テストでは5教科がすべて95点以上で
合計488点、平均97.6点でした。                           



Q3 成績が悪いのですが入塾が可能ですか?

A3 最大の問題は、本人がやらされる勉強ではなく、自分の意思で頑張ろうという気持ちがあるかどうかです。

決まった時間に遅刻せず、宿題もきちんとするならば伸びない方が不思議です。
本人にやる気があるならばOKです。

以前、2学期の中間テスト終了後に中2のCさんが入塾しました。そのときの英語の点数が7点。
それから半年間、決められたことをきちんと守ったので中3の中間テストでは70点を越えました。
軽く平均点をクリアしました。



Q4 だるま塾では誰でも入塾できますか?

A4 お金さえ払えば入塾できる塾ではありません。
まず、やる気のない子はとりません。

また、自分のことしか考えない子供や保護者はお断りしています。
必ず、周りに迷惑がかかるからです。


Q5 学習障害なのですが伸びるでしょうか?

A5 今までに2名の方をお預かりしたことがあります。その経験から言えることは全く関係ないということです。
本人が如何に努力できるかがポイントです。

中3で入ってきたD君は英語が10点台でしたがすぐに50点台になりました。

中2のE君は英数ともに高得点が取れました。要は本人の努力次第です。


障害のある生徒はだれでも受け入れるわけではありません。
Q6 入塾手順はどうすればよいですか?

A6 @まずはメール、または、お電話ください。

A一度、体験授業を受けて頂き、本人の能力をチェックするとともに、先生の教え方や他の塾生の様子も見て頂きます。
そして、納得がいけば、後日、3者(本人、保護者、だるま塾)面談を実施します。

Bそのときにだるま塾の詳細を説明すると同時に、本人の成績・将来の夢等について確認します。
 場合によっては簡単なテストをする場合もあります。

C本人にやる気があるか否かの確認をします。⇒問題がなければ入塾OK

D登塾日・時間・費用・持ち物等についてお話します。


Q7 高校生も入塾できますか?

A7 現在はだるま塾の小学部、または、中学部を卒業された生徒のみ面倒を見ています。

高校生は個別学習で面倒を見ているのですが、どうしても小学生や中学生に手がかかってしまいます。
高校生用のビデオやパソコン教材、その他多くのプリント教材を用意していますので、主体的にやれる生徒をお預かりしているのが現状です。

卒塾生でも、依存心が強く、小中学生の気分で何でもやってもらおうとする生徒はお断りしています。